③WordPressをインストールするの巻

ブログ作ってる記

室蘭といえば鉄

北海道といえば鮭

日本といえばFUJIYAMA

ブログといえばWordPress

と言っても過言ではないレベルで、独自ブログを運営する多くの人が使っている、初心者でも比較的とっつきやすいブログ作りソフトが、このWordPressです

ところで公式HPによれば、世界中の約29%のサイトがWordPressで作られているのだそうですよ

理由はいくつかありそうで、僕が使ってみて「アラ、イイジャナイ」と思ったのは

  • レンタルサーバーを借りるときに、簡単インストールが用意されていてラク
  • プログラム言語が使えなくても、用意されているテンプレートを使うだけで結構かっこいいサイトに仕上がる
  • 書いて写真載せるくらいなら感覚的に使える
  • みんな大好き、無料である

利用する側としては、無料って大事ですね

良くも悪くもインターネッツは無料文化だと思います

WordPress.orgか、WordPress.comか、それが問題だ

WordPressには2種類の登録方法があって

それが.org と .com です

結論、僕には「.org」一択だったんですが、この2つ何が違うのか?

いろいろそぎ落として単純化すると…

.org

自分で借りたレンタルサーバーに「WordPress」をソフトとしてインストールし、自分で買った独自ドメインでブログやサイトを運営する

〇よいところ

WordPress自体は無料配布、インストール後は機能の全てを自由度高く利用できるため、長く続けて自分だけのサイト・ブログを作りたいならこっちのほうが良さそう

×わるいところ

レンタルサーバーを使うとか、サーバーにインストールとか、理想のサイトを作るためには多少そっち系の勉強が必要

.orgの日本語版公式HP

.com

アメブロやライブドアブログなど、いわゆる無料ブログに近いブログサービスで、基本的には.orgのWordPressと同じ使用感で使えるらしい

〇よいところ

独自ドメインの取得やレンタルサーバー不要、さらに無料プランがあるので、気軽にWordPressに手が出せる

×わるいところ

.orgに比べ、特に無料プランは機能制限が多め

有料プランにするとだいぶ自由度が上がるらしいが、それでも.orgに及ばないとか

.comの日本語版公式HP

 

※僕は調べるときに、こちらのサイトを参考にさせていただきました

WordPressには2種類ある!?「WordPress.org」と「WordPress.com」の違いってなに? - WisdomMingle.com
「WordPress(ワードプレス)」を利用するためには、大きく分けて、2つの方法があります。このことを知らないと、後で混乱してしまうことになるので、ここで説明しておきます。

サーバーにインストールしよう

と言っても、ロリポップには「WordPress簡単インストール」というステキな機能がついているので、それに従っていけば大丈夫でした

ロリポップのユーザーページトップの左側にあるメニューから

「サイト作成ツール」⇒「WordPress簡単インストール」をクリック

▲WordPress以外に見向きもしない潔さ

 

「サイトURL」と「使用するデータベース」欄は、最初から入ってたのでそのままにしておきます

その下に自分の好みで入力していきます

このサイトなら

サイト名:人間讃歌

ユーザー名:marnida

といった具合です

一番下にある「プライバシー」というのは、他の人に見られて構わないならチェックを入れます。秘密の日記ならチェック外しましょう

誰しも秘密はあるものです

恥ずかしがらずに、そう、心のチェックボックスを外して良いのです

▲赤枠を記入

 

 

これでおしまい

インストールされたらあとはこっちのもんです

このサーバー上にある限り、WordPressは僕のものです

いざログイン!

ヒュー

これでようやくスタートラインまでたどり着きました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました