目指せ!ハンター試験合格①なぜ狩猟免許が欲しいのか?

狩猟免許でいただきます
Garak01 / Pixabay
この記事は約2分で読めます。

Garak01 / Pixabay

「いただきます」

好きな日本語のひとつです

 

以前インドの市場で、生きている鶏の頭を持ってぐるんぐるん回し、首をねじ切る絞め方を見ました

とっても衝撃を受けたのですが、それと同時に「そうなんだよなあ」と思いだしました

鶏肉を食べるっていうことは、殺してその命をいただくこと

にも拘らず鶏を殺す体験をせずに鶏肉を食べている自分が吐く「いただきます」は、果たしてどれほど本質をとらえられているのだろうか?

高校生のころ、「地球少女アルジュナ」という、自然と人間の関係性を問うようなアニメがあって、なんか惹かれて見てました

敵だと思っていたモノノケが実は地球を浄化していたという、ナウシカテイストな話なのですがその最終話で、荒廃し原始の森に還った街で、飢え乾いた主人公(の彼氏)が、息も絶え絶え食べられるものを見つけます

愛おしそうにその食べ物を両手ですくい、持ち上げて一言

「いただきます」

おもしろかったです

GEOとかTSUTAYAにあるのかしら、見直してみたい

 

長くなりましたが狩猟免許が欲しい理由は、

・本当の「いただきます」を知りたい

・知ったときに自分がどうなるのか知りたい

です

 

そんな理由で!と言われるかもしれないですが、自分にとっては大事なことなのです

死生観の根っこを太くすることが、良く生きることにつながると思うのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました