目指せ!ハンター試験合格③ー1 受けなきゃ受からない予備講習

狩猟免許でいただきます
この記事は約2分で読めます。

狩猟免許試験に挑む人間には2種類いて

「予備講習を受けた人間」

「予備講習を受けていない人間」です

 

試験には実技が含まれていて、安全な銃の取り扱い・箱わなの仕掛け方・網の設置の仕方など、

受験する免許の種類ごとに、試験管の前で実際にモノを使って行います

 

特に銃は発声する掛け声から作業の順番まで、事細かに決められているので、とても初見でクリアできるものではないのです

(てゆーかそもそも家に銃がない限り、自主トレできる類の試験ではないわけですよ)

つまり、「予備講習を受けていない人間」の中で、試験に合格できる人間というのは、親が試験完だとか、お金を積んでるとか、ナチュラル・ボーン・キラーだとか、なんかヤってるヤツだと思います

試験は年に4回しかないので、1発で受かりたいですね

 

☆日程等の最新情報は北海道猟友会HPをチェック

http://www.hokkaido-hunter.org/index.html
北海道猟友会ホームページ

狩猟免許試験予備講習へ

ぼくはナチュラル・ボーン・キラーではないので、生まれてこのかた銃に触ったことがありません

なので、予備講習を受けることにしました。

散弾銃(第一種銃猟)とわなで、テキスト付き10000円です

【講習料】
①第一種又は第二種   7500円
②網          5000円
③わな         5000円
④網及びわな(2種類) 7500円
⑤第一種又は第二種と同時に網又はわなを受講する場合(2種類) 10000円
⑥第一種又は第二種と同時に網とわなを受講する場合 (3種類) 12500円

(北海道猟友会HPより抜粋、2018年5月)

結構老若男女いろんな人がいて驚きます

中には酪農大学や農学部などの大学生もいるようでした

1日がかりで座学(午前)と実技(午後)を練習します

座学

午前中は

・狩猟免許を取るにあたっての心構え

・狩猟鳥獣

・銃や銃弾の種類、各部の名称

・事故例

などを、ビデヲも交えながら勉強します

興味がある座学だと、眠くならなくて不思議です

「ここテストに出るよー」だけでなく、「ここはまず出ないから飛ばしてよし」まで教えてくれます

10000円払った甲斐がある・・・というか、これ、ほんとに予備講習受けないと受からんて・・・おそろしい・・・

 

⇒③-2につづく!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました