たばこが吸える健康的な世界

ぼやき箱
PublicDomainPictures / Pixabay

最近よく風邪をひくようになった

大抵の場合

①かわいい(とてもかわいい)愚息がもらってきた風邪を

②奥たんが体内で強化して

③ぼくが感染する

というのが、子どもが生まれてから王道になった、我が家のドメスティックパンデミック(家内総感染)だ

 

そこまではまあ、短い脚なりに100歩譲れたのだけど、最近はその直りが遅い…というか、いただいた風邪がほぼ100%気管支炎を併発してくれるようになった

・細かい痰が絡む咳

・ほんのちょっと熱(平熱+0.3くらい)

・深呼吸できない感じの圧迫感

これが終わらなくてしんどい

今、しんどい

 

お医者様は言うのさ

「たばこはやめましょうね」

もともとヘヴィな方ではないから、かれこれ1週間吸ってないけどそれは平気

それでもぼくね、思うの

「たばこが吸える人生って、なんて健康的て豊かなんだろう」って

 

大工さんの休憩中の一服

 

キャンプ場で焚火を囲みながらの一服

 

バイクで海を見に行って一服

 

その海で突然の雨に降られ、雨宿りしたバス停でずぶ濡れの子猫を拾って「お前も…一人か?」はい一服

とりあえずは気管支炎を直そう

 

吸うと言えば

ガマガエルが興奮いたときに出す分泌液(いわゆる「ガマの油」)には、ブフォテニンとかいう成分が含まれていて、かつてかの米国のとある州では、ガマをくちに突っ込んだ若者がガマトリップに興じていたとか

猛毒なので、すぐ死んでしまうらしい

人は昔から、危険を省みずいろいろ吸いたがる生き物なのだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました