イタンキ漁港で(ちょっとだけ)昆布干し手伝ってきた

うまいもの
この記事は約2分で読めます。

昆布漁師の朝は早い。

 

その日ぼくは、ダイスケ的にせめて前向きに見せたいと夜型の体質を変えるため、4:00に起きて仕事をしておったそうな。捗る捗る。

 

ー 5:00

スマホがブルっとなってブルっとなった。マイメンNちゃんから突然のお誘いだった。

「なまら突然だけど6:30から昆布干さない?」

これって奇跡だよね?

昨日までなら絶対寝てるよ?

行くよ、行く行く!

 

5:45に起きてきたマイボーイを勢いで連れ出して、一路イタンキ漁港へ。

まちはすでに目覚め始めていた。

 

漁港に着いて、他のお手伝いの方とお魚(キュウリ、マス)を眺めてるとNちゃん到着。

みんなでお魚をひとしきり眺めていると、昆布のカタマリを積んだ漁船が構内に戻ってきた。

 

Nちゃん「あー、ちがうか」

 

船が違うらしい。

再びお魚を眺める。少し飽きてきている。

昆布を干したい。

 

遠くに別のエンジン音。

Nちゃん「ちがう」

また別のエンジン音。

Nちゃん「チガウ」

またまた別のエンジン音。

Nちゃん「チガウ」

・・・

なかなかお目当ての漁師さんが戻ってこないので、先に戻ってきてる漁師さんのお手伝いをさせてもうことに!

だって幼稚園あるし!

朝ごはん食べなきゃだし!

昆布をクレーンで豪快に船から引き上げる。

手際いいなあ、さすがプロ。

ダマになっている昆布のカタマリから根っこを探し、時にやさしく時に大胆に引っこ抜き、徐々にダマをほぐしていく。

思ったよりヌメらないが、重いぜ!

マイサンもお手伝い。

案外自分から行けて父としては嬉しい限り。

体験メニュー以外で昆布干しの手伝いなんて、なかなかできない経験だぞう。

Nちゃんありがとう。

昆布の束をびゃーっと並べて広げて根っこを切っていく。

 

昆布漁は専用のながーい木のぼっこで絡めて、海の中から引っこ抜く漁。

アベンジャーズにやってもらうレベルのパワーがいる仕事なのだ。

そのため漁師の高齢化が進む今、昆布を採れる人はどんどん少なくなっているのだそう。

 

普段から気にして生活することが少ない昆布だけど、おいしい日本食に欠かせない縁の下の力持ちだ。

そして室蘭は「真昆布」「三石昆布」「ヤヤン昆布」と、たくさんの昆布が採れる好漁場である事実は、もっと気にしてよい話題だなあと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました