大阪・九条の夜を歩いてたら松島新地に迷い込んでチビるかと思った

ぼやき箱
この記事は約2分で読めます。

嘘じゃないんです

偶然なんです

たまたま選んだゲストハウスの近くに、現役の新地があるなんて知らなかったんです

・・・

 

ツーリズムEXPOの出展のため、大阪に来た

晩御飯を済ませててくてくと知らないまちを散歩していた(知らないまちで迷子になるのは楽しい)

中島らものエッセイで読んだ「スーパー玉出」に出会ったり、カルルスという懐かしい名前のお菓子を見つけたり、北海道とは違った街並みを楽しんでいただけなのだ

飲食店の並ぶ道を、適当に曲がる

少し進むと、空気の色が変わる

あきらかにピンクっぽくなっている、なんだこの空間は?

 

「おにいさーん」

 

声の主は番台のようなものに座っているおばちゃん

一瞬で悟る

 

そうだ、これは、ちょんの間だ

 

初めて見た

風俗童貞なので恥ずかしくて直視できないのだが、きれいなおねえちゃんが手を振っている

海外を歩いていてやばめな路地に入ってしまったときの、あの高揚感にも似たものが丹田に集まってくる

夢中で松島新地を歩いた、歩いただけだけど

 

慣れてきて少し気持ちが下がって来ると、今度は建物の方が気になって来る。相当歴史がありそうな建物がほとんどだ。性風俗の歴史は長いのだ。

いやー、いいもの見た

コメント

タイトルとURLをコピーしました